無職2日目。

また朝からホットケーキを焼いて食べる。テレビをつけると東京オリンピックのチケットや会場について流れていて、妻は「これが始まる時、ぜったいに東京になどいたくない…!」と息巻いていた。僕も全くの同感であり、オリンピック開催中の東京都内で働く接客…

無職1日目。人々の生活の根幹。消費活動のような労働。

有給消化期間が終わり、昨日から本当の無職生活が始まった。妻も休みだったため、朝からホットケーキを焼いて2人で食べ、家の掃除やら洗濯やらを終わらせてから、天気も良いのでどこか都内の適当なエリアを散歩しようということになり、千駄ヶ谷の方に行くこ…

猫の手術。食券機を置かない吉野家。コンビニ人間。

休日。 目が覚めると午前7時。朝は一気に冷え込んで来た。私のベッドの毛布の中、足元のあたりで猫が丸まっている。 この子は昨日、背中のできものを切除する手術を近所の獣医で受けて来た。 私は仕事だったので病院への送り迎えなど全て妻がやってくれた。…

自身の安寧のために弱者をコントロールすること。

休日。 朝から近所の動物病院に猫を連れて行く。 下の子の方の背中に、数週間前から小さなおできがあり、それが潰れて膿が出ていたためである。 当の本人(本猫)は痛がる様子なく、いつものように部屋を駆け回り、目につくものところかまわず噛みつき、お姉…

宇多田ヒカル『初恋』一曲目の歌い出し「傷ついた時僕は一人静かに内省す」という歌詞について思ったこと

デビュー20周年の今年6月にリリースされた新盤『初恋』の一曲目、「Play A Love Song」の歌い出しで彼女はこう歌っている。 傷ついた時ぼくは1人静かに内省す 日常生活の中で何かに傷ついたとき、多くの人は誰かに愚痴ったり、誰かと飲みに行ったり、誰か…

7月23日

休日。朝6時過ぎ、朝食を要望する猫に起こされる(その主な方法は、私の耳のすぐ側で鼻を「フンフン」と鳴らすものである)寝ぼけたまま台所に行ってキャットフードを器に出し、猫に提供するが、いつものように勢いよく食べる様子はない。この暑さで猫も疲…

7月9日

休日。妻は仕事。リビングでメイクや持ち物の準備をしている。私がベッドから起き、台所に行って二人分のコーヒーを淹れ、トーストを焼いていると、リビングから妻の「あー暑い暑い」という声が聞こえてきた。私は「ああ、アイスコーヒーにすりゃよかった」…

カフェオレボウルで抹茶を点ててみた。

兼ねてから気になっていたカフェオレボウルを買った。 ●白荒めカフェオレボウル白黒ペア●フリーカップ・コーヒーカップのギフトならおとな... 何にでも使える多用途食器。 この カフェオレボウル、とても便利で「お茶碗よりは大きいけれど、丼ぶりよりは小さ…

オリジナルのフレーバーティーを手作りしてみた(オレンジ&シナモン)

香りをつけた紅茶=フレーバーティーには数多くの種類が存在するけれど、自分好みの香りのフレーバーティーを自宅でブレンドすることはできないだろうかと思い、いろいろ試しながら作ってみた。 フレーバーティーの作り方には2パターンある。 調べたところ…

雨は好きじゃないけれど、雨の音は好きな人へ。オススメ「雨の音アプリ」4つ(iPhone用)

雨の日は好きじゃないけれど雨の音は好きである。 そんな人は少なくないのではないだろうか。僕も以前、木造のボロアパートの二階に住んでいたとき、雨の日に天井から聞こえてくる「トトン、トトン」という雨音(ときには「ザァーッ」)が好きで、部屋にいた…

図書館の閲覧室は最高のサードプレイスだった。

ここのところ、読書におけるハード面(どんな本を読むか?というソフト面ではなく、いつ、どこで、どんな環境で本を読むか?)についてあれこれと考えるのだけど、そう言えば図書館の閲覧室ってあまり利用したことがないなと思い、ちょっと行ってきた。向か…

ずぼらでめんどくさがりの人にこそ、ヨガが向いているかも。「自律神経どこでもリセット!ずぼらヨガ」崎田ミナ著

アマゾンで見つけて、タイトルが気になったので購入してみた。 「ずぼらヨガ」 なんとも良い響きである。 家で地味〜にヨガを続けている独学ヨギーの自分にはぴったりの言葉だなと思いながら読んでみた。 部屋にヨガマット敷いて「さあヨガやろう」というこ…

ミントミルクティーを作ってみた。

気候が暖かくなってくるとミントティーのようなさっぱりしたお茶が飲みたくなる。 以前クックパッドを見ていたら「ミントミルクティー」なるもののレシピを発見し、「これは思いつきそうで思いつかなかったやつだ!」と感動して(クックパッドというものには…

疲れない旅行は旅行ではない「辺境・近境」村上春樹著

僕は海外旅行というものをしたことがない。20代から好きなことばかりやっていたらあれよあれよと就職して、結婚をして、念願の猫を飼い始め、ホッとしたところにその猫が腫瘍の闘病に入り(これはほんとうに悲しい)気づけば、うかつに数日間家を空けるの…

コスパ最強の白シャツにたどり着いた話。

かねてから「良い白シャツが欲しいな〜」と思ってきました。無印やユニクロなど、ファストファッションのシャツも何度か試したのですがどうもしっくりこない。いろいろ探した結果、先日ついに「これが探し求めていた白シャツだ」というものにたどり着いたと…

3年ぶりにヨガレッスンに行った。

ふだんはコソコソと一人自宅練習ばかりしているのだけど、タイミングよく誘ってくれた人がいて行ってきました。 3年ぶりはとても緊張した。 「最後までスタミナもつだろうか?」「自己流のクセとかダメ出しされるだろうな‥‥」など不安がいっぱいだった。受…

春コートに求めるのは防寒性ではない。

春コートを買った。いわゆるスプリングコートである。春コートを一着持つことは、オシャレレベルが「テレレレッテッテッテー」というあの馴染みの効果音とともにアップすることのような気がする。 昔から春コートというものが欲しかった。「渇望」というと誇…

風呂での読書について思うこと。

僕は風呂でよく本を読む。昔からだ。風呂で読書するメリットはいろいろある。個室に1人だから集中できるし、半身浴でゆっくりつかりながら読めば汗もかいて代謝もアップ。身体にもいい。 しかし、やりすぎは禁物だ。 二〇代の半ばごろ、村上春樹の「ねじま…

【本の感想】いつもの毎日 松浦弥太郎著

今でこそ、お気に入りのモノ紹介がSNSやブログでたくさん発信されているけれど、松浦弥太郎さんはそれの元祖と言ってもいいかもしれない。 ともすれば、モノ自慢におちいりがちなモノ紹介だけど、この方の文章はふしぎと引きこまれる。「さて、自分もブル…

付箋を貼りながら本を読むこと。

近ごろは付箋を貼りながら本を読んでいる。 それまでは「ペンで線を引く」、もしくは「ページの端を折る」ことで気になったくだりにチェックをいれていたけれど、いざ付箋を使いはじめるととても快適である。 本がきれいなまま。 ペンで線を引いたり、ページ…

【本の感想】ブランドのデザイン 川島蓉子著

企業のロゴマークや商品のパッケージデザインの由来を知るのはけっこう好きで、気になって読んで見ました。読んでみると、企業におけるブランディングという大きな話にかぎらず、自分がこうやって書いているブログや、ツイッターやインスタグラムで個人が発…

【本の感想】読書からはじまる 長田 弘著

本屋で何気なく、表紙と背表紙と題名が気に入り、気づけば手にとってレジに並んでいた。最近はジャケ買いというか、「家の本棚に並んでいたらなんか良い感じかも」という基準で本を選ぶことが多いです。著者は詩人の長田弘さん。 「読書することで語彙力アッ…

人間死んだら残るのは骨だけど大事なのはやっぱり筋肉【ゆがみを直すヨガ・ストレッチ 今井まお著】

著者はヨガ教師だけでなくパーソナルトレーナーやオステオパシー療法師としても活動する今井まおさんという方です。 ・身体がゆがむ原因。 ・ゆがむと身体にどんな影響があるのか? ・ゆがみを治すためにできること。 これらについて、図解もふくめ分かりや…

「する」ことばかりに追われる僕たちにオススメの本「しない生活 煩悩を静める108のお稽古」小池龍之介著

東大を卒業して住職になり、鎌倉の月読寺と山口県の正現寺を行ったり来たりしながら、瞑想指導や坐禅指導、著書も多数。異色のお坊さん小池龍之介さんの著書。 僕たちはついつい毎日の生活の中で「〜する」ことばかりに追われて、それがいつのまにか「〜しな…

本を読む理由がわからなくなった人におすすめの本「読書力」齋藤孝

読書は好きな僕ですが、 「どれだけ本を読んで感想をあーだこーだとブログに書いたところで、現実の行動に活かさないとイミないんだよな……きっと外に出て買い物したり色んな遊びを経験したり多くの人に出会うほうが価値があるんだ…書を捨てよ、町に出ようだ…

【本の感想】人間はいろいろな問題についてどう考えていけば良いのか 森博嗣

森博嗣さんはスカイクロラのシリーズが好きで、エッセイも何冊か読んでいたのだけど、この方の考えや語り口は、僕にとってあまりに正しく、理性的で、バランスがあり、憧れの対象だったため逆に少し距離を置きたいという気持ち(そういうことって僕はよくあ…

【本の感想】この世はウソでできている 池田清彦

少し前に読んだ「他人と深く関わらずに生きるには」がとても面白く、ホンマでっかTVで好き放題言ってさんまさん笑かすだけのことはある人だなーと、一気にファンになり、こちらも読みました。 いつもなら読んだ本の実物写真を載せるんだけど、電車で寝ぼけ…

ミニマリストらしく手ぶら通勤してみたらいつのまにかコンビニで立ち読みしていた話。

こないだ、前々からやってみようと思っていた手ぶら通勤をしてきた。 以下持ち物! ①薄い財布 ②スマホ ③ハンカチ ④イヤホン 以上! 私服通勤で、仕事道具はほとんど職場にあるから、この4つだけ上着のポケットに入れたら準備は完了。 いざ、家を出発。 玄関…

【靴1足生活】ドクターマーチンのオールブラックが便利すぎたので靴1足だけで春秋冬3シーズン過ごしてみたよー。

どーもcoyoteです。 思えば僕は、2013〜2014年くらいにミニマリストの方々がインターネットのあちらこちらで公開していた『こんだけモノ減らしました!』『カバンの中身はこれだけ!』みたいな記事を、2017年になった今も古臭さを恥じることもな…

独学ヨガだからといってRPGで城の周りをグルグルしてるだけでいつまでも先に進まないようなヨギーにならないために。

どーもcoyoteです。 この5年間、ほぼ独学でヨガをやってきましたが、最近「独学」という言葉に甘えている自分がいます。確実に。 ・自分の心地良い可動域内だけで行われるヨガ。 毎日10分の朝ヨガ。自分の限界の一歩手前…いやニ、三歩手前の負荷(もはや”負…