読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかったつもりでいたけれどほんとうはわからなかったこと。

読書。独学ヨガ。ミニマリズム。わからないことだらけ。

ヨガをほぼ独学で5年間続けて感じた独学ヨガの3つのメリット。

「ヨガでもやってみるか」と思い立って始めたのが2011年の夏。気づけば5年が経っていたので、独学でヨガをやるメリットを3つにまとめてみました。「ヨガをやってみたいけれど、ヨガクラスに行くのも勇気いるしな」「まずは独学でやってみようかな」と考えている方の参考になれば幸いです。 

f:id:coyote0801:20170108181326j:image

 

 メリット①お金がかからない。

やはりこれが一番のメリットでした。ヨガクラスに参加すれば一コマのレッスン料が2,000〜3,000円。週1で行けば1ヶ月で約10,000円。年間で約120,000円。 これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれだろうけど、僕が独学ヨガに要した費用は以下の通りです。

 

・ヨガマット 5,000円×2枚(一度買い換えた)

・ヨガブロック2,000円(土台があると難しいポーズにも挑戦しやすい)

・ヨガ関連の書籍代 5,000円 (良さそうなのを2.3冊)

・ヨガレッスン代 6回分 15,000円(1人でやっていてどうしてもやる気が出ない時、新しい発見がほしい時に行った。それでも6回だけ)

 

5年間で、 合計32,000円。

1年で6,400円。1ヶ月で533円。

 ちなみにヨガウェア的なものは一切買いませんでした。部屋着(短パンTシャツ)で毎日やってます。ヨガクラスに行くと、みんな素敵なヨガウェアを着ていて、ジャージで参加した僕は浮いてるなと物怖じしながらも「カタチに拘るのはヨガ的考えじゃない」と強がったりしてました。とりあえず通気性が良くて動きやすく、生地触りが良い服なら何でも良いと思います。

 

メリット②自分1人のペースでやれるから余計な交流の煩わしさがない。

家でヨガ本やヨガ動画見ながらコツコツやるのだから、当たり前といえば当たり前です。「ヨガを通じて色んな人やインストラクターと知り合って交流したい!」という人には独学はあまりオススメしません。僕は友人知人を作りたいわけじゃなかったし、何より「1人でもできる」からこそヨガを選んだので、クラスの輪に入りたいとは全く思いませんでした。むしろ、インストラクターの人と常連の生徒さんがやたら仲良いクラスにあたると(やりづらいけど学ぶこと学んで帰ろう)などとネクラなことを思ってました。それに「いつまでにこのポーズができるようにならなければいけない」「1セットは90分」という縛りもないので、自分がやりたいときに、やりたいポーズを、やりたい時間だけ行うことができます。雨の日に出かける煩わしさもありません。僕はヨガを「日々気持ち良く過ごすためのリフレッシュツール」と捉えているので、朝出勤する前の5分と、休日は20〜30分くらいで十分満足しています。

 

毎日5分の朝ヨガについても書きましたので良ければどうぞ↓

独学でヨガを始める人こそ、まずは朝5分の太陽礼拝をやってみよう。 - わかったつもりでいたけれどほんとうはわからなかったこと。

 

メリット③たまにヨガレッスンに行った時の新鮮さ、学びの多さがすごい。

独学ヨガには「自分のポーズが合っているか客観視できない」という大きなデメリットがあります(鏡で確認するには限界があるし、間違ったポーズで続ければ身体を痛める可能性もあります)僕はこのデメリットを補うために、半年に一回くらい、超低頻度でヨガクラスに足を運ぶようにしてました(最近は全く行けてないですが)半年ぶりに行くのはとても緊張したし、独学で自ら試行錯誤しながらコツコツやってきたことが間違っていたときはショックだったけど、プロが教える授業は気づきと発見のオンパレードで『分かる…分かるぞ!』とムスカみたいな台詞を言いそうになるほど新鮮で楽しいものでした。また、独学でやってきたポーズをインストラクターさんに褒めてもらえたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。ドヤ顔になってたと思います。

 

 結論。ヨガは独学でも全然できる。

今やヨガ関連の書籍やDVD、ネット上の動画も豊富だし、意欲さえあればヨガは全然独学でもできます。僕も5年やっているうちに、それまで自分が出来るようになるとは思いもしなかった三点倒立や、Y字バランス系のポーズが普通に出来るようになりました(前屈系は未だに硬いですが)たとえ1日5分でも、1ポーズだけでも、とにかく続けることができれば(これが一番むずかしい点ではありますが)確実に身体は柔らかくなるし、出来るポーズも増えていきます。

ただ、いずれはインストラクターになりたいとか、ヨガを通じてたくさんの人と交流したいとか、足踏みせず短期間でヨガを体系的に学びたいという人は、素直にヨガクラスに通ったほうが良いと思います。

個人的にオススメなのは、とりあえず独学で始めてみて、ある程度身体が慣れてきたら、一度ヨガクラスに行ってみる方法です。入会しなくてもトライアルで単発で参加できるところも多くあります。いくつかのクラスを見るうちに自分に合った雰囲気やインストラクターが見つかることもあると思うので。

 

とてもためになったヨガ本。

冒頭の写真はヨガマットとブロック、そして僕が最も助けてもらったヨガ本2冊です。ケン・ハラクマさんのほうは以前に書評も書きました。

独学でヨガを始める人にぜひ読んでほしい本「ヨガから始まる心と体をひとつにする方法」 ケン・ハラクマ著 - わかったつもりでいたけれどほんとうはわからなかったこと。

 参考になれば幸いです。

 

・おすすめヨガマット

僕が使ってるのは「PRANA」というメーカーのヨガマットで(上の写真のグリーンは前モデルなんですが)サイズも大きく、グリップ力もあり、厚さも5ミリとちょうど良いです。厚みがありすぎると最初のうちはバランスは取りづらいので5ミリがベストかなと。

そして何より、リバーシブルなので片面がボロボロになっても、裏返してもう一度使えます(両面使いは公式じゃないかもしれないんだけど、僕は1年経ったら裏返してもう1年使います。1枚買えば2年間使える)

おすすめです。 

amazonはこちら↓

楽天はこちら↓

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨガマット プラナ ヘナ エコ ヨガマット 5mm 正規品
価格:7344円(税込 送料無料) (2017/1/8時点)