読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わかったつもりでいたけれどほんとうはわからなかったこと。

読書。独学ヨガ。ミニマリズム。わからないことだらけ。

吊り戸棚式キッチンペーパーホルダー 山崎実業のtowerシリーズを使ってみた。

キッチンペーパーの置き場所って困る(いきなりだけど)

使用頻度が高いから棚の中にしまうわけにもいかないし、かと言って我が家の狭いキッチンのシンク周りに置けば、水やら料理の汁やらがかかってしまう。

そこで、前々から気になっていた『吊り戸棚タイプ』のキッチンペーパーホルダーを使ってみた。

買ったのはこれ

f:id:coyote0801:20161026114255j:image

【山崎実業 towerシリーズ キッチンペーパーホルダー】

 

このままだとただの金属のステーにしか見えないけれど、、、

 

実際に吊り戸棚に取り付けるとこうなる。

f:id:coyote0801:20161026121225j:image

ステーは程良くしなるようになっているので、棚板の厚さは1㎝〜3㎝くらいまで大丈夫。

 

そしてペーパーをセット。

f:id:coyote0801:20161026121951j:image

素材が金属なので、とてもスタイリッシュ。

下にはコンロとシンクのペーパー多用地帯。必要なときに最短距離でサッと取れてとても快適。

カラーは白と黒の2色あるので自宅のキッチンの雰囲気に合わせて選べば良いかと。

正直、100円ショップでも同じようなものは売ってる。でもやっぱり百均はプラスチックだったりで強度が不安だし、安っぽさが否めない。

人によって考え方はちがうだろうけれど、例え些細なことだとしても、一つ一つを快適に、お気に入りのものにしていくことは、なかなか楽しい。キッチン周りなら料理が少し楽しくなる。幸せは日常に隠れている。

 

 ちなみにメーカーである山崎実業さんは、キッチンペーパーホルダーに限らず、生活全般にまつわるシンプルでモダンで、スタイリッシュなインテリアを数多くリリースしてる。

調べたら奈良県に本社をかまえる創業60年の老舗企業だった。

以下、ホームページより引用 。

私たちはたとえアイロン台や傘立てでも 、それが変化、進化させようとする強い情熱を持って創造されたものであるなら、その製品は社会にほんの少しの感動と驚きを与えることができると信じています。

また製品とは本来そのようなものでなければならないと考え開発を行っています。私たち山崎実業は継続することを目的に設立されたのではなく、変化するために設立されたのです。

企業理念がすごく良いなあと思う。『継続ではなく変化するために設立した』というけれど、出来るならばいつまでも継続してほしい。

きっと「変化することが継続すること」なんだろうな、などと考える。