わかったつもりでいたけれどほんとうはわからなかったこと。

読書。独学ヨガ。ミニマリズム。わからないことだらけ。

ついにコスパ最強の白シャツにたどり着いた話。

かねてから「良い白シャツが欲しいな〜」と思ってきました。無印やユニクロなど、ファストファッションのシャツも何度か試したのですがどうもしっくりこない。いろいろ探した結果、先日ついに「これが探し求めていた白シャツだ」というものにたどり着いたという話です。

 

そもそも良い白シャツとは。

たとえばマーガレットハウエルブルックスブラザーズ。またはAPCの白シャツなどはまちがいなく「良い白シャツ」の条件を満たしている。

形がきれいだし、第1ボタンを外したときの襟の立ち方、開き方がうつくしい。生地も柔らかく肌触りも良い。アイロンをかければパリッとフォーマルな雰囲気に、あえてシワがついたままでもリラックス感が出てさまになる。袖をかるく捲れば、夏場にわざわざ半袖を引っ張りださなくても涼しげに着れる。

1年中、毎日だって着ていたくなる。きっとそんな白シャツなのだと思う(店頭で何度か試着したことがあるけど本当に素晴らしかったです)

いつか買いたいなあ。そんなシャツを3、4枚くらいストックして、レギュラーで日々ローテーションできたら素敵だなあ、などと憧れる気持ちはある。あくまで憧れ。

そう、価格が問題。

一着20,000円オーバーである。 

 

 

シャツ1枚に2万円を出せるのか問題。

2万円。これは僕の今使ってる無印のリュックサックの倍以上高く、履いてるドクターマーチンの革靴とほぼ同じくらいの値段である(ついでに言うなら一ヶ月のお昼ご飯代よりも高い)毎日普段着として着て、ひんぱんに洗濯するシャツが、カバンや靴より高価というのはどうにも不自然な気がする。例えるなら高級ワインを飲みながらうまい棒をツマミにするような‥‥(うまい棒に失礼ですね)

とにかく、どんな物事にも適当なバランスというものがあると思うし、それはふだん身につける洋服においても例外ではない。だから、もしも仮に「僕の年収があと300万円高くて、普段使いに7万や8万円するカバンや靴を所有している」のなら話は違ってくる。

そういう観点から考えると、今の僕に適当なシャツは、高くとも一着4000〜5000円ほどのもの、という結論になる。

 

 

ネットで見つけた「マクバトロス」というメーカー。

そんなこんなで見つけたのが「マクバトロス」というメーカー。 上野アメ横にあるアメカジ屋のオリジナルブランド。値段はネットショップで4000〜5000円。レビューも悪くなかったし、なにより日本製というところに惹かれてさっそく注文してしまった。(ちなみにメール便を指定すれば、送料は無料でした)

f:id:coyote0801:20170425120452j:plain

↑ これは一度着用後、洗濯してからアイロン無しの状態だけど、シワがあってもあまりみすぼらしく見えない。逆に良い感じのユルさが出る。それはたぶん生地にしっかり厚みがあるから。透け感もほとんどない太番手のオックスフォード。

 

f:id:coyote0801:20170425120522j:plain

↑この価格のシャツでボタンが貝ボタンなのがとてもうれしい(MADE IN JAPANのタグがちょっとドヤってるけれど)これで5,000円はかなり良いのではないだろうか。4着買って先述した2万円である。きっとこれくらいが僕にはちょうどいいのだろう。

 今回は白を購入したけれど、カラーバリエーションが豊富でブルーやネイビーやグレーもある。白ばかりを数着ストックして「私服の制服化」をしてもいいし、気分で色を変えてもいいと思う。

  

 

自分にとっての「良い白シャツ」は人それぞれ。 

 「白シャツは特別なシーンだけでしか使わない晴れ着」だとする人もいるだろうし、そもそも「消耗品としてできる限り安価なもので済ませたい」と考える人もいるだろう。白いシャツにたいする考え方は人それぞれなんだと思う。

とりあえず僕の場合は、2万円オーバーのシャツが持つような長所をある程度そなえつつ、多少ナポリタンやカレーうどんの汁が飛んだり襟や袖が汚れても神経質にならない価格のものが欲しかった。それにドンピシャだったのがこのマクバトロスのシャツだったのである。

太番手のヘビーオックスフォードでちょっと無骨な雰囲気があるので「パリッとキレイめ」のシャツとは少しちがうかもしれない。けれど休日の外出はもちろん、家でリラックスして、自分が素でいられるような時間にゆる〜く着れるシャツです。おすすめ。

 

  Amazonはこちら

 

楽天はこちら