無職2日目。

また朝からホットケーキを焼いて食べる。テレビをつけると東京オリンピックのチケットや会場について流れていて、妻は「これが始まる時、ぜったいに東京になどいたくない…!」と息巻いていた。僕も全くの同感であり、オリンピック開催中の東京都内で働く接客業、サービス業の人々の阿鼻叫喚が今にも聞こえてきそうである。宇多田ヒカルの「あなた」という曲には『戦争の始まりを知らせる放送も アクティビストの足音も 届かないこの部屋にいたい』という詞があるがまさにそれ。オリンピックの2週間は都心になど出勤せず在宅ワーク、もしくは家から近い東京郊外でひっそりと働いていたい。

昼過ぎ。退社した職場から電話があり、「あまりに人が足りていないのでアルバイトで良いからシフトに入ってもらえないか」という話をされる。やんわり断ったのだが、辞めてからまだ1週間も経っていない人間に頼ってなんとかしようというその場しのぎ感、行き当たりばったりのマネジメント(もはやマネジネントとも呼べないけれど)が、そもそも、人が定着せず辞めていく何よりの原因なのでは?と思い始めた。借金を返すためにまた借金をするようなものである。とはいえ無職なので、話を聞いた時「少しくらい小遣い稼いだ方がいいのかな…」などと思った自分もいる。でも断った。それでよかった。今は労働するときではない。こうやってちまちまと文章を書いたり、じっくりヨガしたり筋トレしたり、妻とお茶したり、図書館で好きなだけ本を借りたり、猫の世話をしたり遊び相手をしたり、ふつうの、特別でもなんでもない生活を、取り戻さなくては。